一般社団法人倫理研究所 栃木県倫理法人会 女性委員会が主催の「令和4年度 第1回女性セミナー」が11月16日(火)に開催されました。
コロナウイルスの蔓延が奇跡的に落ち着き、会期を予定通りに開催でき、169名もの会員やゲストの方々にご参加いただくことができました。
栃木県倫理法人会 小沼正則会長のご挨拶で幕を開けたセミナー、はじめに3名の女性会員の方々による体験発表では、日頃倫理を学び実践し得たことを、それぞれ万人幸福の栞に照らし合わせてお話いただきました。
第5条「夫婦対鏡」夫婦仲が良いことが事業繁栄に繋がる実例、第3条「運命自招」自分の自己中心的な行動が招いた災難を、倫理の学びから気づき改善できた実例、どの発表も素晴らしい実践報告でした。
法人局参事 若槇正子 法人アドバイザーによる講話は、「幸せの見つけ方」というテーマでした。
幸せの価値観は人それぞれ違うけれど、必ず幸せになれる法則が純粋倫理にはあり、それは常に明るく前向きでいること、感謝の心を忘れず人を否定せず周りの人と仲良く、そして全てを受け入れて喜んで人のために働くこと、全ては「自分の心の受け方」にあり、自分のわがままを捨てることだと教えていただきました。
たくさんのゲストの皆様と倫理の学びを深められ、また美味しいお食事やアトラクションを楽しみ、盛況のうちにセミナーを閉会できたこと、多くの皆様のご協力に心より感謝申し上げます。